agaの治療薬のプロペシアの効果と副作用

agaを病院で治療する

aga、男性型脱毛症は治療できる時代です。皮膚科や美容系のクリニックではagaの治療を手がけているところも多く、興味があるなら近くに病院がないか調べるとよいでしょう。私は一度だけ皮膚科で診察してもらいましたが、最終的には発毛剤と養毛剤を続けて薄毛を改善しました。皮膚科で診てもらったのは薄毛の改善というより、何か他の病気の可能性がないか不安になったからというのが正確です。私は病院には通いませんでしたが、通院に通ってagaが治るならその方が楽だとは思いますし、医師のアドバイスを受けられるのも魅力です。ただ、病院で治療する場合について回る問題もあり、薬の副作用とどう向き合うかは非常に重要です。

女性はプロペシアに触れてはいけない

病院でagaの治療を受ける場合、まず処方される薬が処方箋なしでは手に入れられないプロペシアだと思います。このプロペシアは副作用が非常に強烈なので、人によっては治療をためらうかもしれません。女性でもagaのような症状に悩まされている人は珍しくはありませんが、女性に処方されることはないでしょう。妊娠を望んでいる女性がプロペシアを触るだけでも非常に危険で、胎児が奇形になるリスクがあります。夫がagaの治療をしておりプロペシアを処方された、このようなケースはよくあるのですが、妻は絶対にプロペシアに触れないようにしなければいけません。

男性に起こる副作用

男性が使う場合にも副作用はあり、代表的なものは頭痛や下痢、眠気といった定番の症状です。ところが、プロペシアは性機能障害を引き起こすケースもあり、子供を望んでいる人にとっては非常にリスクがある薬なのです。プロペシアはagaの改善の効果も強いものの、それに比例するように強烈な副作用があり、これが病院でagaの治療をする際のデメリットです。プロペシアなしで治療を続けるという方法もあるものの、それならわざわざ病院に行く必要があるのかという問題が生まれます。プロペシアによる治療を否定しているわけではありませんが、副作用については十分に知った上で治療に臨んでください。

関連記事