agaの治療を病院にお願いしたのに効果なしの場合

私自身の失敗と思い込み

病院でagaを治療する場合、保険が効きません。agaで悩んでいる人にとっては精神的な負担が大きいのですが、現実問題として保険は使えないので、自費診療で改善に臨むしかありません。当然、薬代だけでなく検査代、診察代も高くなり、通院を続けるなら経済的な負担が大きいのも問題点です。高いお金を支払っても効果があるならよいのですが、中にはagaの治療をお願いしたのにまるで効果なしの人もいます。私は薄毛を発毛剤と養毛剤を使って改善したのですが、私自身は思い込みで失敗した経験があるのです。とりあえず発毛剤を使っておけば薄毛が改善するに違いないと思って、特に製品を調べることもなく使い始めました。私の症状は薄毛が前髪から進行して生え際が後退するタイプだったのですが、最初に使っていたミノキシジル配合の発毛剤は生え際が後退するタイプには効果があまりないものだったのです。

先入観を持たずに治療に取り組む

病院で治療する場合は私のような思い込みによる間違いは少ないはずですが、期間については思い込みも十分にありえます。薬を飲むなりすればすぐに毛が生えてくるはずだと思っていると、実際には生えてこなくて効果なしだとがっかりする、このようなケースは多いのではないでしょうか。病院で治療を受けてもすぐには毛が生えてこないので、じっくりと薄毛の改善に取り組むのが重要です。実際、病院で処方されるaga用の薬、プロペシアは抜け毛を抑える効果が優れているものの、発毛効果についてはあまり期待はできません。効果なしとまではいかないのですが、飲んで発毛するというイメージを持っていると期待を裏切られるのです。

自分が間違っているかもしれない

病院でaga治療をお願いするなら生活習慣の改善も求められるはずですが、これを守っていないのも効果なしに陥る理由の1つです。食生活の改善を求められたのに、好き嫌いなどの理由からそれと放置していると治療の効果が表れないこともあります。単純に病院の方針が間違っているケースもあるかもしれませんが、効果がない場合は自分自身に問題はないか見直すのも重要です。

関連記事